被災者支援サークルあくしゅ@福岡教育大学

東日本大震災を機に、被災者支援のために福岡教育大学内に
立ち上げた「被災者支援サークルあくしゅ」のブログ。
これまでの活動報告や支援物資の募集などを更新します。
少しずつでよいので、まずはご協力どうぞよろしくお願いします。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
# オクラホマへの手紙プロジェクト、ありがとう
オクラホマでの竜巻の被害を受け、英文の手紙プロジェクトに参加しましょうと先日呼びかけましたが、7名の方が参加してくれました。

昨日、第一号として1年生のKさんがお手紙持ってきてくれました。ありがとう。その気持ちをこれからも大切にしてください。
 
今日はまず4年生のAさんが持参してくれました。ありがとう。そういう思いを持ってくれる子どもを小学校でいっぱい育ててください。

続いてルーム生のYさんが研究室で書いてくれました。確かにこういう手紙は考えることが多く難しいけど、時間をかけて書いてくれてありがとう。
 
3限のルームが終わり、そのままルーム生のK君とIさんが書いてくれました。お二人の英文をチェックしましたが、それから清書までしてくれました。ありがとう。

5限の授業終了後には、院生であくしゅメンバーでもあるMさんが手紙の下書きを持ってきてくれました。チェックをして清書までして帰りました。ありがとう。

最後は8時前ぐらいにあくしゅメンバーで昨年度の院修了生Iさんが下書きを持参し、チェックをした後に清書していってくれました。夢に向かってがんばって。ありがとう。

最後は5限が終了して書いた僕の手紙も添え、合計が8通。明日郵便局からプロジェクトの大本がある東京へ送ります。その後は、応募された手紙をワシントンDCまで運ばれ、そこから被災地に贈られる、というルートをたどります。

愛とは相手からの見返りを求めるものではありません。それは無償として相手に差し出すことです。ですから、返信が届くことが見込めなくても、それを相手への愛として贈与すること。こういう姿勢はとっても大事です。どうもありがとう。

*これら合計8通をオクラホマに届けます。
オクラホマへの手紙プロジェクト
| comments(2) | trackbacks(0) | 23:00 | category: 活動一般 |
# オクラホマ州へのお手紙プロジェクトへの参加
今年度になってまだ活動ができていませんが、近々Akushu−onを起こしたいと思っています。

さて、さきほど、立て続けにFBとTwitterでお伝えしましたが、今回のオクラホマ州ムーアでの竜巻の被災者の方々に英語でお手紙を送るプロジェクトに参加しようと思っています。

詳細は吉武までご連絡いただきたいのですが、予定としては5月28日までに吉武にご提出くださったら、翌日29日にプロジェクトの本部にまとめて郵送します。28日は授業が5:45PMまであるので、6時ぐらいまでに持ってきていただければありがたいです。

なお、5月28日(火)の1・2限は英語教育講座の吉武研究室をオープンにしますので、来てもらってそこで書いてもよし、下書きを持ってきてもらえば見てもOK。月曜や火曜午後に個別に持ってきてもらってもOKです。

英語を勉強するというのは、個人的な利益のためということももちろんあります。しかし、英語が言葉である限り、それは他者と繋がり、それゆえ社会的なものであり、何かしらのムーブメントを起こせる力を持っています。こういう時にこそ英語を習っていることに意味が出てくるのではないでしょうか。僕はそう思います。

特にルーム生や英語科や国際共生やあくしゅメンバーに限らず、興味がある方ならだれでもOKです。ぜひあなたの思いを英語にして届けましょう。
| comments(0) | trackbacks(0) | 23:22 | category: プロジェクト紹介 |
# あくしゅ、3年目に突入
新年度初めての投稿です。無事にサークル登録はしました。二学年の卒業を経た今、残された人数は少ないですが、少しでも新しい方々に入ってもらい、何かしらの意義ある活動を続けていきたいと思っています。

今日は先週ふと感じた思いを綴っておきます。

先週金曜日、出席をとるとき、僕の手が一瞬止まった。4月19日。この数字を書き込んだとき、僕には「感慨深い」とはちょっと違った、使命感や焦りや希望などが入り混じった複雑な気持ちがよぎった。食べ物にしたら、恐ろしく複雑な味がする食べ物に違いない。

この4月19日とはあくしゅにとって特別な日だ。人間で言えば誕生日にあたる。そう、あくしゅの2歳の誕生日だ(→2011年4月19日最初の投稿)。

2年前のこの日、僕は手伝ってくれた学生らとともに、定年坂でビラ配りをしていた。まさか、自分が通ったキャンパスで教員となった自分が学生に頭を下げながらビラを配ることになろうとは、夢にも思わなかった。

あの日、35名の方が集まってくれた。その分布はというと:

2年生 4名
3年生 14名
4年生 4名
院1年生 5名
科目等履修生 1名
学年不明 2名

つまり、最初に書いたとおり、2年経った今、このうち「2年生4名」が今4年生である。このときは説明会に集まってくれたサポーターのような方々であり、当時はあくしゅ自体は立ち上がっていない。それでも、このときに集まりが出発点となり、その中から積極的に参加してくれた十数名であくしゅを立ち上げることができたという意味では、まさにこの4月19日はあくしゅにとって誕生日なのだ。

誕生日とは普通めでたいものである。しかし、今のあくしゅにとっては厳しい現状を前に心引き締める通過点にすぎない。それでも、やるからには賛同者を中心に、しっかりと前を向いて、進んでいきたいと思う。

被災地はまだまだ復興には遠く、置き去りにされている感もある。人は忘れる動物だから、みんながみんな同じように行動することはできないだろう。それでも覚えている人が被災者の方々に「覚えているよ」と伝え、周りの人たちに「思いだしてね」と声をかけることはできる。

僕がささやかでしかない活動を敢えてここに挙げたり、ツイートしたりしているのは、「いいことしました」というアリバイ作りのためでは決してなく、周りへの問いかけや囁きかけをしたいという思いからだ。

だから、僕はこれからもささいなことを細々とつぶやいていく。そして、そんなささいなことを見た人がそれぞれの環境で「これくらいなら俺もできそう」だとか「キャンパスでこんなことしてるなら私もちょっと募金してみようかな」などと思って、行動してくれることを願い続ける。人に行動は強制できない。しかし、人の中に何かしたいという思いを起こさせるためには黙っていても仕方がない。見せる行動はその文脈に限定される。だから、こうして文字化して伝えることで、これからも「見せ」続けていきたいと思う。

昼休みなど声上げることもあるかもしれませんが、今年度もよろしくお願いします。
| comments(0) | trackbacks(0) | 00:40 | category: 投稿 |
# All.kkの寄付金で送った米とティッシュが盛岡着!
先日お送りしたお米50kgとティッシュペーパー60箱が無事にSAVE IWATEに届きました。

わざわざHPでご紹介いただいています。

現時点で、ティッシュは吉武(古武になってますけどww)となっていますが、これもAll.kkさんの寄付金です。

下の箱の中身もお米ですよ!50kg
IMG_0635

見ようによってはペッタンコに見えますが(笑)、
テッシュ60箱分です。
IMG_0626
| comments(0) | trackbacks(0) | 01:02 | category: 物資発送 |
# 刺し子配布終了
2月末にはいただいていた刺し子たちですが、ここ最近とても忙しく配達にいくことができず、ようやく本日まとめて配達してきました。

大きくなければ学内便でお届けしてもいいんですが、できれば僕なりメンバーなりが直接手渡しする方が、お礼を直々にお伝えすることもできますし、また、こういうことがなければなかなかお会いすることがなかった先生や事務の方とお会いできるということが、何よりも嬉しく思います。

今も先にお会いできなかった先生がお電話くださり、お代を持ってきてくださいました。

今年度もあと10日ほど。4月からは新学期です。あくしゅはどういう形になるかわかりませんが、これからもほそぼそとではありますが、Akushuonを続けていきたいと思います。

学生の皆さんで、何かできないかと思っている方、掛け持ちでも結構ですので、ぜひいっしょにAkushuonしましょう。どうぞ英語教育講座・吉武までご連絡ください。

ちなみに、刺し子プロジェクトでは新製品のマルチクロスが発売中!これはかわいい!(۶* 'ꆚ')۶




| comments(0) | trackbacks(0) | 15:38 | category: - |
# All.kkさんからの寄付金での支援手続き完了(最終)
先日書いた通り、本学の国際共生教育コースの学生さんからなるAll.kkさんから、学祭の売上金である45,751円全額を「被災者支援に役立ててください」とあくしゅに寄付してくださいました。本日すべて支援物資を手配し、以下のように送りました。

宮古市生活復興支援センターさん(ブログ有り):

 ・掃除機+紙パック (配達済み)
 ・冷蔵庫 (発送済み

困窮者支援としてSAVE IWATEさん:

 ・トイレットペーパー 132ロール (配達済み+発送済み)
 ・テッシュペーパー 60箱 (発送済み)
 ・お米 50kg (本日支払い済み)

以上で合計45709円となり、残りの42円はあくしゅの他の活動に役立てさせてもらいます。

昨日書いたように、SAVE IWATEさんの方ではブログにお礼をあげていただきました。ありがたいです。

ただし、被災地では被災地の日常があり、一つ一つを紹介いただくのは負担となる場合もありますので、私たちとしてはご紹介いただければ様子がわかり嬉しく思うと同時に、そうでない場合も何らかの役にたていることを想像し、粛々と次のアクションにいそしむ、ということだと思います(もし紹介されたらここに紹介いたします)。

以上、All.kkさんの寄付金の使い道をご報告しました。All.kkのみんな、ありがとう。
| comments(0) | trackbacks(0) | 22:44 | category: 物資発送 |
# トイレットペーパー到着
先日紹介しましたように、国際共生の方々の学祭での売上金で物資を発送しています。

まずは困窮者支援としてトイレットペーパー132ロールが到着したようです(掲載していただきました)。

3月15日着 福岡県 福岡教育大学被災者支援サークルあくしゅ
並びにAll.kkの皆様
DSCF1219
| comments(0) | trackbacks(0) | 23:55 | category: 物資発送 |
# All.kk様からの寄付金
去年11月に行われた福岡教育大学の学祭にて、国際共生教育コースの学生さんらで構成されるAll.kkさんがフリマ&フェアトレードのカフェを出店され、そこでの売上金の総額45,751円を、被災者支援に役立ててくださいといって、その全額をあくしゅに寄付してくださいました。

All.kkのみなさん、どうもありがとうございました。

いただいた金額はおむつ支援で利用させていただいたSAVE IWATEを介して使う予定です。

まずは、宮古市生活復興支援センターさん(ブログ有り)の方から要請があった冷蔵庫掃除機をお送りします(→リンク)。こちらは今夜手続きします。

以下、宮古市の仮説の現状を上のリンクから引用します。

「宮古市内に仮設住宅は62か所。集会所や談話室が併設されているのは半数以下でした。
集会所等がある仮設住宅では、住民同士の交流が盛んになっていますが、併設されていない仮設住宅では、交流が困難でした。

ここ数か月、仮設住宅では転居世帯もあり、空き部屋となった場所を談話室として利用することが可能となっています。
また、すでに集会所があるものの住民活動が活発となり、さらに空き部屋を談話室として利用する仮設住宅も出てきています。

しかし、空き部屋を利用した場合、交流のための机や座布団等の備品が提供されず、自分たちでそろえることも困難です。
昨年度までは、交流促進のため支援団体からの提供がありましたが、現状はありません。

冬季を迎え、仮設住宅での環境はまた厳しい時期を迎えています。
閉じこもりの防止や交流の活性化のため談話室利用を促進したいと考え、皆様からのご支援をお待ちしています!」

残りの額はSAVE IWATEさんが困窮者支援として募集されているお米(45 kg)・トイレットペーパー(132ロール)・テッシュペーパー(60箱)をお送りします。これらは来週に手続きします。

ということで、All.kkのみなさんの寄付金は岩手県の方で役立てていただきます。ありがとうございました。
| comments(0) | trackbacks(0) | 23:57 | category: 物資発送 |
# 節目の後に
いろいろと考えることがあるけれど、今日はそれらのことばをすべて飲み込みたい気分。

人は節目にいろいろと振り返る。それはいいことではある。私たちはそうやって記憶していく動物なのだから。

でも同時に、扱い方や語り口によってはあまりにも扱いが軽すぎて、げんなりくることもある。今日のラジオのDJの軽快な語りはあまりにも美辞麗句が並びすぎて、その人の思いや受け止め方が何も感じられず、単に音楽を流す方便にしか聞こえなかった。

「祭り」の後の寂しさってのがある。震災のような悲劇においては、むしろその節目の後の寂しさの方が現実なのだろう。竹に例えれば、節と節の間の空洞をどのように過ごすか、どのように生きるかがより現実なのだ。

だから日付が変わるのを黙って待ってみた。そしてまた粛々とAKUSHUONしていこう。

別の被災地神戸にて静かな決意を胸に。
| comments(0) | trackbacks(0) | 00:13 | category: 投稿 |
# 大槌復興刺し子プロジェクト@福教大・第4弾商品到着!
第三段の追加注文という形で行った第四弾でしたが、思いのほか大口の注文を頂いたり、新しい方、リピーターの方と注文が入り、おかげさまで108,700円の注文をしました。そして無事に福岡教育大のキャンパスおよび附属小倉小学校の校舎に降り立ちました!

写真を撮り忘れ(!)、すでに振り分けまで済み、あとは配布するのみです。

ちょっと僕(吉武)が明日までふさがっており、その間メンバーに配ってもらうか、金曜になったら僕も動けるので配りたいと思っています。

また来年度になったら第5弾も企画的できればと思います。

メンバーは数名になってしまいますが、ほそぼそとでもしっかり続けていきたいと思います。

昨日のメールでメンバーの井上さんが言っていました。

一度あくしゅした手は離さない、それだけは心にいつも持っていたい」

これは核心をついた言葉ですね。

卒業されても、人数が少なくても、「あくしゅ」の意味を考えながら、それぞれの場所で、そして僕らは僕らなりに取り組んでいきましょう。

Let's take AKUSHU-on together!!
| comments(0) | trackbacks(0) | 14:31 | category: 活動一般 |
Profile
Comments
Mobile
qrcode
■ふんばろう東日本支援プロジェクト
Search this site
Sponsored Links