被災者支援サークルあくしゅ@福岡教育大学

東日本大震災を機に、被災者支援のために福岡教育大学内に
立ち上げた「被災者支援サークルあくしゅ」のブログ。
これまでの活動報告や支援物資の募集などを更新します。
少しずつでよいので、まずはご協力どうぞよろしくお願いします。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 前回分の残り発送 | main | 6月15日ミーティング >>
# 6月7日ミーティング

みなさん、こんにちは。今日はちょっと暑くなりましたね。

最近ミーティングの内容を更新できていませんでしたが、前々回である6月7日は「企画」「物資」「広報」の班を作り、サークルとしてもう少し組織的に動ける体制を作りました。一応みなさんにどこかの班にはりついてもらいましたが、それはその責任者になることやそれを自分でしなければならないということではなく、いろんなことを考えるより、もう少し自分の担当に特化したところから考えれるような形にするためです。動く際にも、自分が動けなければ他の人に頼んで動いてもらうということでも問題ありませんし、むしろそういう風にしていろんな人に参加してもらったほうが活気付くと思います。

企画は他のサークルとのタイアップや、現在考えているバザーについて、など、どんどんと有効なアイデアを出していく班です。型に囚われない自由な発想と想像力が必要です。

物資は次にどこへ何を送るかを考える班です。ここは単に最新リストを眺めて受動的に決めるだけではなく、どうやって集めるのが効果的かを工夫する班でもあります。前回コンビニ前でお菓子を募集したとき、かなりうまく行きましたね(ちなみに前回子どもたちにお菓子が必要というところにお菓子1箱送りましたが、お礼の手紙届いています)。そういう工夫です。責めの姿勢で。

広報はみんなに次に何をやるというお知らせのアイデアをはじめ、学内外においてどのように意識を高めていくかを考える班です。特に震災のことが日々忘れ去られていくことがあるとしたら、現在どうなっているのか、今のニーズは何なのかを周知することはとても大切な活動です。新聞やポスターをはじめ、発信していくことが大切。

ちなみに、この日朝日新聞社の記者の方が取材に来てくれました。記事になるかどうかはまだわかりませんが、僕らの活動が社会に紹介されることで「私もできるんじゃないか」と思ってくれたら、記事のネタになる価値はあるかと思います。とにかく僕らはやれることを工夫しながらやっていきましょう。そしてそういう僕らと一緒に是非とも支援について考え、行動してくれる方が増えてくれたらと思います。そうでなくとも、今後とも支援へのご協力よろしくお願いします。
| comments(0) | trackbacks(0) | 14:39 | category: 会議あとがき等 |
# スポンサーサイト
| - | - | 14:39 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://fumbarofue.jugem.jp/trackback/60
トラックバック
Selected Entry
Profile
Comments
Mobile
qrcode
■ふんばろう東日本支援プロジェクト
Search this site
Sponsored Links