被災者支援サークルあくしゅ@福岡教育大学

東日本大震災を機に、被災者支援のために福岡教育大学内に
立ち上げた「被災者支援サークルあくしゅ」のブログ。
これまでの活動報告や支援物資の募集などを更新します。
少しずつでよいので、まずはご協力どうぞよろしくお願いします。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< オクラホマ州へのお手紙プロジェクトへの参加 | main | 2013年を終えようとしている今、あらためて・・・・ >>
# オクラホマへの手紙プロジェクト、ありがとう
オクラホマでの竜巻の被害を受け、英文の手紙プロジェクトに参加しましょうと先日呼びかけましたが、7名の方が参加してくれました。

昨日、第一号として1年生のKさんがお手紙持ってきてくれました。ありがとう。その気持ちをこれからも大切にしてください。
 
今日はまず4年生のAさんが持参してくれました。ありがとう。そういう思いを持ってくれる子どもを小学校でいっぱい育ててください。

続いてルーム生のYさんが研究室で書いてくれました。確かにこういう手紙は考えることが多く難しいけど、時間をかけて書いてくれてありがとう。
 
3限のルームが終わり、そのままルーム生のK君とIさんが書いてくれました。お二人の英文をチェックしましたが、それから清書までしてくれました。ありがとう。

5限の授業終了後には、院生であくしゅメンバーでもあるMさんが手紙の下書きを持ってきてくれました。チェックをして清書までして帰りました。ありがとう。

最後は8時前ぐらいにあくしゅメンバーで昨年度の院修了生Iさんが下書きを持参し、チェックをした後に清書していってくれました。夢に向かってがんばって。ありがとう。

最後は5限が終了して書いた僕の手紙も添え、合計が8通。明日郵便局からプロジェクトの大本がある東京へ送ります。その後は、応募された手紙をワシントンDCまで運ばれ、そこから被災地に贈られる、というルートをたどります。

愛とは相手からの見返りを求めるものではありません。それは無償として相手に差し出すことです。ですから、返信が届くことが見込めなくても、それを相手への愛として贈与すること。こういう姿勢はとっても大事です。どうもありがとう。

*これら合計8通をオクラホマに届けます。
オクラホマへの手紙プロジェクト
| comments(2) | trackbacks(0) | 23:00 | category: 活動一般 |
# スポンサーサイト
| - | - | 23:00 | category: - |
コメント
絆Japan希望の言葉プロジェクトの秋山です。 皆さんのお手紙は確かに受け取りました。 ここにたどり着いて、皆さんがいろいろ苦労して書いて下さったことも知りました。 本当にありがとうございます。 皆さんの気持ちをきちんと届けてまいります。
| Hitoshi Akiyama | 2013/06/08 6:29 PM |

秋山様

このたびは大変お世話になりました。無事にお手紙をお渡しいただき、大変うれしく思っています。個人的に4年過ごしたオクラホマですので、東北の支援活動をしていたこともあり、何かできないかと思っていたところ、秋山様のプロジェクトを知りました。ありがとうございました。

東北への支援活動は、忙しさのために今学期に入ってまだ何もできず、情けない限りです。あくしゅのメンバーの多くが卒業してしまったこともあり、今後どうなっていくかわかりませんが、今できることを何かできればと常に思っています。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。このたびは本当にありがとうございました。
| 吉武 | 2013/07/07 10:31 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://fumbarofue.jugem.jp/trackback/188
トラックバック
Profile
Comments
Mobile
qrcode
■ふんばろう東日本支援プロジェクト
Search this site
Sponsored Links