被災者支援サークルあくしゅ@福岡教育大学

東日本大震災を機に、被災者支援のために福岡教育大学内に
立ち上げた「被災者支援サークルあくしゅ」のブログ。
これまでの活動報告や支援物資の募集などを更新します。
少しずつでよいので、まずはご協力どうぞよろしくお願いします。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 井上さんボランティア日記最終日(2011年9月) | main | 予感 >>
# ふんばろうチャリティ本販売中@福教大
5月になりました。私自身が講座主任という責任ある職務に就いたこともあり(昇進などではなくローテーションで回ってくる取りまとめ役=書類・会議係)、なかなか思うように動けない今日この頃です。このままではいけない、という強い危機感を持っています。

しかし、主任職もとりあえず一か月が過ぎたところで一周し、なんとなくこんな職なんだというのがつかめ始めてきました。先週は名古屋でのでっかい発表を終え、編集中の学会誌ももうすぐゴール、後は来月のシンポジウムに向けて原発についての勉強をすればよい、ということで、少しだけ心に余裕を持てるようになりました。

そろそろやるでぇ

さて、紹介が遅れましたが、本学内にある本屋「金文堂」さんにふんばろうのチャリティ本を置いていただいています(西條剛央著『人を助けるすんごい仕組み―ボランティア経験のない僕が、日本最大級の支援組織をどうつくったのか』(ダイヤモンド社))。ご協力をお願いしたところ、二つ返事で快諾していただきました。現在10冊を置いてもらっています。

写真右上にあるのは北村さんが書いてくれた、本書のPOPです!
写真では見えにくいのですが、下のところは手と手が握手をしているデザインになっています。凝ってる!

現在のところまで売り上げまでつながっていませんが、これから本書もPRしていって、少しなりともチャリティにつながり、かつ、一人でも多くの学生に支援について考えてもらいたいと思っています。

なお、遅くなりましたが、ようやく刺し子の配達をほぼ終えました。ご協力いただいた教職員の方々、そして学生さん、遅くなってすみません!!また、刺し子さんにも急いで仕上げていただいたのに、配達の段階で遅れが出てしまい、すみません。

なかなかスムーズにいかない活動ですが、これに負けずに、時間をおいてまた第三弾へとつなげていきたいと思います。ご協力のほどよろしくお願いいたします。

同じ写真ですが、羽ばたいていった大槌かもめ156羽です!
| comments(0) | trackbacks(0) | 17:19 | category: お知らせ |
# スポンサーサイト
| - | - | 17:19 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://fumbarofue.jugem.jp/trackback/157
トラックバック
Profile
Comments
Mobile
qrcode
■ふんばろう東日本支援プロジェクト
Search this site
Sponsored Links