被災者支援サークルあくしゅ@福岡教育大学

東日本大震災を機に、被災者支援のために福岡教育大学内に
立ち上げた「被災者支援サークルあくしゅ」のブログ。
これまでの活動報告や支援物資の募集などを更新します。
少しずつでよいので、まずはご協力どうぞよろしくお願いします。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 「ミツバチの羽音と地球の回転」上映会終了! | main | 平成24年度のはじまりです! >>
# 刺し子振込&気仙沼へカイロとメッセージ発送
(1)刺し子プロジェクトへ振込

昨日は銀行があく9時に合わせて、我が家から一駅のところにある銀行まで大槌復興刺し子プロジェクトの振り込みをしにいきました。何しろ刺し子プロジェクト@福教大・第一弾のときよりも多い、33名の方々からご協力いただいたわけですから、小銭とかも結構多いんですよ。だから、振込の際に小銭がいくら入るかわからなかったので、いったん通帳に入金し、それからATMで振り込みという手順をとりました。

今回の合計額は14万4000円です。振込料は525円かかりましたが(通帳からだと安い!)、結構お釣りをカンパしていただいた関係で、十分間に合いました。ありがたいです。これらの額のうち、材料費を除く額が刺し子さんたちの収入になるというのがこの刺し子プロジェクトのすばらしいところ。地方の単科大学内だけでこれだけの額が集まるわけですから、他の組織でもどんどんと取り組んでほしいものです。

これであとは第一弾と同じだけの数である156羽の大槌かもめがはるばる宗像の地へ渡ってくるのを、指折り楽しみに待つのみです。届き次第、注文していただいた皆様に一つ一つ届けに行きます!

(2)気仙沼へカイロとメッセージ発送

僕らあくしゅはふんばろう東日本支援プロジェクトの必要物資リストを使って物資を送る活動をしてきました。送り先で選んでいるわけではないのですが、割と気仙沼に送る機会がありました。住所を書く際にも「気仙沼」って結構書いたような気がします。また、最初の頃、ふんばろうを使ってみるために自分で物資を送ったことがありましたが、それが気仙沼市常楽でした。受け取った方が近所の方にもお配りになられたようで、複数のお礼のお葉書を以前いただいた記憶があります。

先月、その気仙沼から次々にお礼のお葉書が届きました。それぞれ送り主の住所は違うのですが、恐らく過去に受け取った物資の発送先がデータベース化されていて、今回合計10枚ものお葉書を気仙沼よりいただきました。まだまだ大変な時期にあられるでしょうに、どうもありがとうございました。

それぞれメッセージが書かれてあったのですが、そこに綴られた強く生きる意志を前に、むしろ読んでいる私たちの方がこれから先も息長く活動を続けて行かなければならない!という気になりました。

お葉書でお礼を書くだけでもよかったかもしれませんが、まだ寒い東北地方ですので、僅かばかりですがそれぞれにカイロを同封することにしました。1カ月程前に2箇所にお送りしたのですが、それから期末試験やら僕の出張やらあって発送が滞ってしまい、だいぶ春めいてきたこともあって今回一気に発送しました。

昨日は卒業式だったのですが、午前中予定していた学生指導がなくなったので、その時間を使って6人の方々へ小さなカードにですがメッセージを書きました。封筒の表と裏書きをし、一つ一つにカイロとカードを入れ、封をし、準備完了。カイロの個数が足りなかったので、本日購入し、カードまで書いて、まとめて8つを発送しました。

ツイッターでもちょっと書きましたが、皆さん知ってましたか。カイロを送る時はそのメーカーによって、飛行機に載せて運んでよいものと駄目なものがあるそうです!郵送料も大事な寄付金から使わせていただいているので、できるだけ安い方法で送ろうと思って、郵便局の窓口で「中身カイロなんですが」って言ったんですね。すると、そういう風に言われてしまい、結局メーカーは分からなかったので、飛行機では運べなくなりました。つまり、陸路!余計に1〜2日かかるということで、火曜か水曜の到着となりそうです。

Yahoo!の天気で気仙沼を調べていましたが、週間天気予報では日中は10度以上あがるようですが、朝方はまだ5度以下だったりするので、まだ間に合うかな。些細なものですが、役立てていただければ幸いです。


今年度も残り1週間。実質的には本年度のあくしゅの活動は大槌かもめの配布ぐらいでしょうか。あとは、現在北村さんにお願いしている西條剛央さん著『人を助けるすんごい仕組み』というふんばろうチャリティー本のPOP作りですね。これは本学にある本屋の金文堂さんにご協力いただき、10冊ほど今平積みにしていただき、販売してもらっています。それに宣伝のためのあくしゅによるPOPをつけるのです。これがうまくいったら、今度はもう一つのチャリティー本である『〜被災地からの手紙 被災地への手紙〜 忘れない。』もお願いしたいところです。本学の方、ぜひ購入にご協力ください!
| comments(0) | trackbacks(0) | 23:25 | category: 物資発送 |
# スポンサーサイト
| - | - | 23:25 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://fumbarofue.jugem.jp/trackback/142
トラックバック
Profile
Comments
Mobile
qrcode
■ふんばろう東日本支援プロジェクト
Search this site
Sponsored Links