被災者支援サークルあくしゅ@福岡教育大学

東日本大震災を機に、被災者支援のために福岡教育大学内に
立ち上げた「被災者支援サークルあくしゅ」のブログ。
これまでの活動報告や支援物資の募集などを更新します。
少しずつでよいので、まずはご協力どうぞよろしくお願いします。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< HPでリストを確認しはじめよう(例:割り箸・紙皿) | main | 明日集まります >>
# 質問への回答

前回の説明会のときに集めたアンケートにいくつか質問がありましたのでお答えします。内容としては2つに分けられます。

Q1:活動に関して

・どういうふうに活動すればいいの?私たちはいつ何をすればいいの?具体的に教えて。

本学での活動は「ふんばろう」プロジェクトを利用した活動で、「ふんばろうFUE」と呼びます(仮)。基本的な活動は(1)支援物資の送付、(2)資金集め、(3)支援活動の活性化と普及の三つだと言えます。

(1)の支援物資の送付ですが、これはふんばろうのHPにある必要物資リストを参照しながら、送れそうなものを探し出し、それを送るという活動を続けることです。これは個人でもできることですが、郵送費の問題もありますので、今回私たちが仲間としてやっていくことでやりやすくならないか、と思っています。もちろんふんばろうPを介さなくてもいいわけですが、僕らはふんばろうPに乗っかって支援することで、必要なところに必要なものが届くという「効果的」な支援を目指します。

(2)資金集めも重要。上記のように、送ろうと思えば郵送費がかかります。この工面をどうするか、知恵を出し合ってどうにかしたい。募金やバザー、強力なバックアップをしてくれる協力者探し(強力=協力!)などいろんな工夫が必要です。

(3)活動の活性化と普及ですが、説明会でも言ったように、重要なのはネットワーク。僕らは主役ではなく、ファシリテーターです。進行役。できるだけ多くの人たちに活動を知ってもらい、物資を持っている人たちが「俺、こんなん持ってるよ」って手をあげてくれればそれを流すのが僕らの役割。そういうネットワークづくりとネットワークを利用しての物資探しは命綱です。

あくまでもできる人ができる限りのことをすればいい、そういう微力がまとまって動くとき大きな力になるのであって、何もどでかいことをやろうとしなくてもいいんです。微力を一つにまとめ、物資を探し動かすこと、これが僕らの実際の活動の核です。

Q2:物資の運搬に関して

・運搬は運送会社に頼むの?それは確実に届くの?
・マイナーな避難所への物資を送るルートは確保できているの?

ルートは完全に復旧しているわけではありませんし、実際に物資をそこまで運んでくれない業者はあります。ですが、現地の状況をもとに情報が上がっているので、運送ルートがある情報がHPには載っています。かつ、過去の経験をもとにどの運送会社が届けてくれるかというのは現地の方が分かっているので、その場合はその特定の運送会社にお願いしています。一般的には割とヤマトが機能しているようなので、基本ヤマトで行い、後は避難所ごとに挙げられる情報を参考にしながら送ります

以上です。

他にご質問あれば聞いてください。よろしく!
| comments(0) | trackbacks(0) | 12:02 | category: プロジェクト紹介 |
# スポンサーサイト
| - | - | 12:02 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://fumbarofue.jugem.jp/trackback/10
トラックバック
Selected Entry
Profile
Comments
Mobile
qrcode
■ふんばろう東日本支援プロジェクト
Search this site
Sponsored Links