被災者支援サークルあくしゅ@福岡教育大学

東日本大震災を機に、被災者支援のために福岡教育大学内に
立ち上げた「被災者支援サークルあくしゅ」のブログ。
これまでの活動報告や支援物資の募集などを更新します。
少しずつでよいので、まずはご協力どうぞよろしくお願いします。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
# All.kkの寄付金で送った米とティッシュが盛岡着!
先日お送りしたお米50kgとティッシュペーパー60箱が無事にSAVE IWATEに届きました。

わざわざHPでご紹介いただいています。

現時点で、ティッシュは吉武(古武になってますけどww)となっていますが、これもAll.kkさんの寄付金です。

下の箱の中身もお米ですよ!50kg
IMG_0635

見ようによってはペッタンコに見えますが(笑)、
テッシュ60箱分です。
IMG_0626
| comments(0) | trackbacks(0) | 01:02 | category: 物資発送 |
# All.kkさんからの寄付金での支援手続き完了(最終)
先日書いた通り、本学の国際共生教育コースの学生さんからなるAll.kkさんから、学祭の売上金である45,751円全額を「被災者支援に役立ててください」とあくしゅに寄付してくださいました。本日すべて支援物資を手配し、以下のように送りました。

宮古市生活復興支援センターさん(ブログ有り):

 ・掃除機+紙パック (配達済み)
 ・冷蔵庫 (発送済み

困窮者支援としてSAVE IWATEさん:

 ・トイレットペーパー 132ロール (配達済み+発送済み)
 ・テッシュペーパー 60箱 (発送済み)
 ・お米 50kg (本日支払い済み)

以上で合計45709円となり、残りの42円はあくしゅの他の活動に役立てさせてもらいます。

昨日書いたように、SAVE IWATEさんの方ではブログにお礼をあげていただきました。ありがたいです。

ただし、被災地では被災地の日常があり、一つ一つを紹介いただくのは負担となる場合もありますので、私たちとしてはご紹介いただければ様子がわかり嬉しく思うと同時に、そうでない場合も何らかの役にたていることを想像し、粛々と次のアクションにいそしむ、ということだと思います(もし紹介されたらここに紹介いたします)。

以上、All.kkさんの寄付金の使い道をご報告しました。All.kkのみんな、ありがとう。
| comments(0) | trackbacks(0) | 22:44 | category: 物資発送 |
# トイレットペーパー到着
先日紹介しましたように、国際共生の方々の学祭での売上金で物資を発送しています。

まずは困窮者支援としてトイレットペーパー132ロールが到着したようです(掲載していただきました)。

3月15日着 福岡県 福岡教育大学被災者支援サークルあくしゅ
並びにAll.kkの皆様
DSCF1219
| comments(0) | trackbacks(0) | 23:55 | category: 物資発送 |
# All.kk様からの寄付金
去年11月に行われた福岡教育大学の学祭にて、国際共生教育コースの学生さんらで構成されるAll.kkさんがフリマ&フェアトレードのカフェを出店され、そこでの売上金の総額45,751円を、被災者支援に役立ててくださいといって、その全額をあくしゅに寄付してくださいました。

All.kkのみなさん、どうもありがとうございました。

いただいた金額はおむつ支援で利用させていただいたSAVE IWATEを介して使う予定です。

まずは、宮古市生活復興支援センターさん(ブログ有り)の方から要請があった冷蔵庫掃除機をお送りします(→リンク)。こちらは今夜手続きします。

以下、宮古市の仮説の現状を上のリンクから引用します。

「宮古市内に仮設住宅は62か所。集会所や談話室が併設されているのは半数以下でした。
集会所等がある仮設住宅では、住民同士の交流が盛んになっていますが、併設されていない仮設住宅では、交流が困難でした。

ここ数か月、仮設住宅では転居世帯もあり、空き部屋となった場所を談話室として利用することが可能となっています。
また、すでに集会所があるものの住民活動が活発となり、さらに空き部屋を談話室として利用する仮設住宅も出てきています。

しかし、空き部屋を利用した場合、交流のための机や座布団等の備品が提供されず、自分たちでそろえることも困難です。
昨年度までは、交流促進のため支援団体からの提供がありましたが、現状はありません。

冬季を迎え、仮設住宅での環境はまた厳しい時期を迎えています。
閉じこもりの防止や交流の活性化のため談話室利用を促進したいと考え、皆様からのご支援をお待ちしています!」

残りの額はSAVE IWATEさんが困窮者支援として募集されているお米(45 kg)・トイレットペーパー(132ロール)・テッシュペーパー(60箱)をお送りします。これらは来週に手続きします。

ということで、All.kkのみなさんの寄付金は岩手県の方で役立てていただきます。ありがとうございました。
| comments(0) | trackbacks(0) | 23:57 | category: 物資発送 |
# オムツの手続き終わりました!
先週の木曜日の募金にご協力いただきました皆様、どうもありがとうございました。

本日やっと時間ができましたので、支払いできるようにいったん銀行に小銭を振り込みました。

アマゾンのほしい物リストで送る予定でしたが、タイミングが合わずにこの数日で先方がオムツをリストから削除されましたので、メールでお尋ねしてニーズの有無を確認しましたところ、まだ必要ということでしたので、本日手続きをし、購入まで済ませました。

先日の計算ではちょうど1700枚送る予定にしていましたが、パンツタイプ(M、L、ビッグ)が非常に人気だということで、そちらを優先しましたため、以下のような配分にしました(新生児:S:M:L:ビッグ=1:1:3:2:3というご希望がありましたので、それに近い形で配分しました)。

 新生児:      124枚
 S:           228枚
 M(パンツ):    400枚
 L(パンツ):     248枚
 ビッグ(パンツ): 468枚
    
         計1,468枚

数日中には岩手の方に配送されると思います。

なお、ご協力いただいた32,600円のうち32,580円を使わせていただきました。あまった20円は今後の支援活動に役立たせるために利用させていただきます。ご了承ください。

またこれからも活動続けていきますので、見かけたらご協力よろしくお願いいたします
| comments(0) | trackbacks(0) | 15:44 | category: 物資発送 |
# 刺し子振込&気仙沼へカイロとメッセージ発送
(1)刺し子プロジェクトへ振込

昨日は銀行があく9時に合わせて、我が家から一駅のところにある銀行まで大槌復興刺し子プロジェクトの振り込みをしにいきました。何しろ刺し子プロジェクト@福教大・第一弾のときよりも多い、33名の方々からご協力いただいたわけですから、小銭とかも結構多いんですよ。だから、振込の際に小銭がいくら入るかわからなかったので、いったん通帳に入金し、それからATMで振り込みという手順をとりました。

今回の合計額は14万4000円です。振込料は525円かかりましたが(通帳からだと安い!)、結構お釣りをカンパしていただいた関係で、十分間に合いました。ありがたいです。これらの額のうち、材料費を除く額が刺し子さんたちの収入になるというのがこの刺し子プロジェクトのすばらしいところ。地方の単科大学内だけでこれだけの額が集まるわけですから、他の組織でもどんどんと取り組んでほしいものです。

これであとは第一弾と同じだけの数である156羽の大槌かもめがはるばる宗像の地へ渡ってくるのを、指折り楽しみに待つのみです。届き次第、注文していただいた皆様に一つ一つ届けに行きます!

(2)気仙沼へカイロとメッセージ発送

僕らあくしゅはふんばろう東日本支援プロジェクトの必要物資リストを使って物資を送る活動をしてきました。送り先で選んでいるわけではないのですが、割と気仙沼に送る機会がありました。住所を書く際にも「気仙沼」って結構書いたような気がします。また、最初の頃、ふんばろうを使ってみるために自分で物資を送ったことがありましたが、それが気仙沼市常楽でした。受け取った方が近所の方にもお配りになられたようで、複数のお礼のお葉書を以前いただいた記憶があります。

先月、その気仙沼から次々にお礼のお葉書が届きました。それぞれ送り主の住所は違うのですが、恐らく過去に受け取った物資の発送先がデータベース化されていて、今回合計10枚ものお葉書を気仙沼よりいただきました。まだまだ大変な時期にあられるでしょうに、どうもありがとうございました。

それぞれメッセージが書かれてあったのですが、そこに綴られた強く生きる意志を前に、むしろ読んでいる私たちの方がこれから先も息長く活動を続けて行かなければならない!という気になりました。

お葉書でお礼を書くだけでもよかったかもしれませんが、まだ寒い東北地方ですので、僅かばかりですがそれぞれにカイロを同封することにしました。1カ月程前に2箇所にお送りしたのですが、それから期末試験やら僕の出張やらあって発送が滞ってしまい、だいぶ春めいてきたこともあって今回一気に発送しました。

昨日は卒業式だったのですが、午前中予定していた学生指導がなくなったので、その時間を使って6人の方々へ小さなカードにですがメッセージを書きました。封筒の表と裏書きをし、一つ一つにカイロとカードを入れ、封をし、準備完了。カイロの個数が足りなかったので、本日購入し、カードまで書いて、まとめて8つを発送しました。

ツイッターでもちょっと書きましたが、皆さん知ってましたか。カイロを送る時はそのメーカーによって、飛行機に載せて運んでよいものと駄目なものがあるそうです!郵送料も大事な寄付金から使わせていただいているので、できるだけ安い方法で送ろうと思って、郵便局の窓口で「中身カイロなんですが」って言ったんですね。すると、そういう風に言われてしまい、結局メーカーは分からなかったので、飛行機では運べなくなりました。つまり、陸路!余計に1〜2日かかるということで、火曜か水曜の到着となりそうです。

Yahoo!の天気で気仙沼を調べていましたが、週間天気予報では日中は10度以上あがるようですが、朝方はまだ5度以下だったりするので、まだ間に合うかな。些細なものですが、役立てていただければ幸いです。


今年度も残り1週間。実質的には本年度のあくしゅの活動は大槌かもめの配布ぐらいでしょうか。あとは、現在北村さんにお願いしている西條剛央さん著『人を助けるすんごい仕組み』というふんばろうチャリティー本のPOP作りですね。これは本学にある本屋の金文堂さんにご協力いただき、10冊ほど今平積みにしていただき、販売してもらっています。それに宣伝のためのあくしゅによるPOPをつけるのです。これがうまくいったら、今度はもう一つのチャリティー本である『〜被災地からの手紙 被災地への手紙〜 忘れない。』もお願いしたいところです。本学の方、ぜひ購入にご協力ください!
| comments(0) | trackbacks(0) | 23:25 | category: 物資発送 |
# パソコン・掃除機・カイロを送付!
本日、来てくれたいしまつさん、いのうえさん、あだちさん、どうもありがとう。今日は同封するお手紙を書いてもらいました。

その後、送るためのパソコンのチェック。なんと、パスワードがかかっている!しかし、うちのあくしゅメンバーは優秀なハッカーでもあるようで(笑)、ヒントをもとに見事解読しました!しばらく後に提供していただいた方から連絡がありましたが、その前にクリアしちゃいました。

ということで、本日は:

パソコン3台(富士通FM-V LIFEBOOK P50シリーズ;黒・赤・青)、掃除機1台を発送しました。

パソコンについては、本学の学習支援で1年間使ったパソコン3台を提供してもらいました。お話を持ってきてくれたきのした君、どうもありがとう。そして、この英断をサポートまたは決断してくださった方々に感謝します。パソコンは今ニーズが高く、どこに送るか断腸の思いでメンバーが決めてくれました。

ふんばろうHPではさっそく送付予定で反映されています。どのようなところに送られているか、みなさんにもぜひ感じていただきたいので、お送りしたところのリンクを以下にご紹介します。それを読めば、いろんな事情がある中で選ばなくてはならない「辛さ」が分かると思います。この3箇所だけでも胸が痛みます。少しでもさらなる支援の必要性を感じていただければと思います。



また、ここ最近以前気仙沼市に送った方々から次々にお礼のお葉書が届き、その数8枚。お返事といっしょに少数ですがカイロをお付けして送ろうと、カイロを購入し、封筒に同封して送りました。今日はとりあえず2枚。後日あと6枚分のお返事を書き、送ります。

大学では学生たちは春休みに入りました。教員は仕事ですが、その間でも何かできることをみんなで探していきたいと思います。
| comments(0) | trackbacks(0) | 00:21 | category: 物資発送 |
# 自転車&ヘルメットをお届け
昨日(金)は筑後市まで、自転車とヘルメットを運んできました。

福島から福岡へと避難されている方をふんばろう東日本支援プロジェクトのリストで発見したのは1カ月ほど前でしょうか。ちょうど大槌復興刺し子プロジェクトのことをやっている最中で、その注文が終わったと同時に、学内に呼びかけました。やっぱり、同じ福岡県にいて支援しないのはいかんだろうと思って。

さすがに110名ほどの教職員の方々にお尋ねしたら、ヘルメット1つ、自転車も3つほど連絡を受けました。早くことを進めたかったので、自転車は最初にお声をかけていただいた方にお願いしました。さびもきれいにとってもらい、油も差し、お子さんに乗ってもらってまだ乗れるかまでチェックしていただきました。後は僕の方でサドルのやぶれをビニールテープで修復。

2限目の授業をし、お昼に学生1名と卒論の話をし、準備して、1:15に出発。途中、他3人のお子さんへのお土産を西松屋にて購入。そして1:40に宗像を出発!

お昼御飯は途中コンビニで買って食べながら・・・と思ってましたが、少しでも先に進もうと運転し続けていたら、結局昼はスキップ。昨日ゆりさんに言われてその日が寝不足だったことも思いだしましたが、これが不思議と眠気も空腹も全く感じませんでした。人間、何かに向かって走っている時はそういう人間の基本的な欲求も忘れてしまうことってあるもんですね。

高速代をうかすために大宰府までは下道。途中、右折をし忘れ、もしかしたらちょっと遠回りになったかもしれなかったけど、大宰府につく道ではあったので直進し続けました。何とかインターに入ることができました。

大宰府や高速運転中は雨も激しく、ちょっと視界が悪かったです。

目的地は八女インターでしたが、少しでも安くあげようとその前の広川インターで下車。目的地までもうすぐってときに工事で回り道。しかも、あと50mで着くってときに入り口がよくわからない。10分ほど無駄に探して、4:00に無事到着!大学を出て2時間45分後でした。

自転車はとても喜んでもらいました。よかったよかった。ヘルメット入るかなぁとちょっと心配していましたが、ちょうどぴったり!自転車も希望の20インチではなく24インチでしたが、両足の半分はついたので、調節次第で大丈夫な様子。男の子はちょっとシャイで、はにかんだ表情でした。

お茶でもどうぞと進められたけど、家に早めに帰るようにしていたので、そのまま帰りました。お話でも少し伺いたかったので、残念です。お手紙でも書こうと思います。

帰りは八女→古賀まで高速。家につくまで行きの半分の1時間20分。はやっ。

まぁ、ちょっとした長旅ではありましたが、東北の方ではわざわざ関東から物資を毎週末運んでいる方々もいらっしゃいますし、それに比べれば楽な運搬です。現地に飛べない分、少なくとも県内に避難されているご家族に物資を届けることは、僕らにとってのある種の義務であり、それを果たすことができて最低限の仕事はできました。

さて、これからは学祭の募金活動の準備です。主催は学祭スタッフを中心とした学生自治会で、僕らあくしゅはお手伝いさせてもらいます。しかし、ご厚意により集めた募金を東北支援のために使わせていただくことになっています。具体的には、ふんばろう東日本支援プロジェクトのこたつプロジェクトで30台(12万円)を送る予定です。この数字、簡単ではありません。当日うまくいくこともそうですが、どのくらい前もってみんなに知ってもらえるかも大きいです。

でも何としても成功させなきゃいけない企画。福教大の学生諸君にも協力してほしいし、来られる方にも訴えたい。お手伝いさせていただくからには、あくしゅ魂で成功させましょう!
| comments(0) | trackbacks(0) | 00:48 | category: 物資発送 |
# 大槌復興刺し子プロジェクトに発注!
22日から23日に日付が変わったのを機に、1週間福教大の教職員の方々に募集をかけた「大槌復興刺し子プロジェクト」のコースターやふきんの注文をいったん終え、取りまとめました。そして、さきほどHPのフォームから正式に発注しました。

最終的に;

 コースターA(グリーン) 52枚
 コースターB(ベージュ) 39枚  小計91枚
 ふきんA(ブルー) 39枚
 ふきんB(ピンク) 22枚      小計61枚

                      合計152枚 (136,900円)

の発注となりました。ある程度まとまった注文になってホッとしています。

今回いくつかのことが分かりました。

一つは、単なる寄付や物資を送ることとは違った形として、収入の支援という形があること。特に今回は女性の収入ということで、共感を得た方々が多くいらっしゃいまして、ご協力いただきました。

二つ目としては、こういう組織でまとめて取りまとめると、ある程度大きな発注にこぎるける可能性があるということ。本学は単科大学ですが、教員養成系ということでどうしても科目分、そしてその中の専門の細分化のために、教員数が多くなるのですが、事務職員の方々合わせてざっくり300人いる組織です。その中の100ちょいの方に今回メールしました。ご協力いただいた方は20名強ですが、それだけの有志がいらしたら、学生とはちがって大人の分だけまとめて注文してくれる場合が結構ありました。

これは「やれる」という感触を得ました。

全国の大学においても、どなたかが声かけ役になっていただくと、ある程度の注文が取れる可能性があります。今回の本学での取り組みが一つのケースとなって、広がってくれるといいな。

三つ目として(これは僕の専門的に興味深いという意味で書きますが)、人間は交換、つまりはコミュニケーションが好きなのだということ。単に寄付してくださいという善意だとどこか一方通行という感じなんだけど、それが商品の交換となると事態が「動く」のです。赤い羽根募金とかでもそうですが、羽そのものには使用価値も付加価値もほとんどありません。でも募金と引き換えに羽を「もらう」という交換行為がどこか楽しいのですね。

この大槌復興刺し子プロジェクトはふんばろう同様、個人でもできることなので、多くの方に知ってもらい、ご協力いただければ、と思います。

152羽の大槌かもめが宗像まで羽ばたいて渡ってきてくれる日を、今日から心待ちにしておこうと思います。刺し子の皆さま、どうぞよろしくお願いいたします。
| comments(2) | trackbacks(0) | 02:14 | category: 物資発送 |
# Iさん、Aさんが物資送付
福岡教育大の教職員の方々に対する大槌復興刺し子プロジェクトの協力のお願いは最終日。かなり多くの注文をいただいています。後日更新します。

さて、IさんとAさんが先日物資を一便ずつ送ってくれています。

Iさんは前にお返事いただいた方のところに、音楽とコーヒー、ハーブティーを届けてくれました。相手の方はかなり大変な境遇におられ、音楽が癒しになることを書いていらっしゃったため、音楽科のIさんが動いてくれました!

そして、Aさんも以前にお米を送ったところに物資を送ってくれました。以下、Aさんによるメーリスでの報告を引用します。

「この三連休であくしゅ便を一便送りました☆ 8月の頭にお米を送った宮城県の方なのですがその方は8月の末に出産される予定とお礼の手紙に書いてあり、ずっと心配していたらこの間ふんばろうのHPに元気な女の子が生まれましたとアップされていたので、出産祝いと2歳の息子さんが喜ぶものをと思って送りました。

小包の中には、

 ・新生児用の服
 ・息子さん用のロンT
 ・ミニカー
 ・子ども用のおやつ(グミ・ラムね・クッキー)
 ・ブランケット
 ・ルームシューズ
 ・ハンドタオル
 ・コーヒーセット
 ・食料

などを入れて送りました♪」

| comments(0) | trackbacks(0) | 16:31 | category: 物資発送 |
Profile
Comments
Mobile
qrcode
■ふんばろう東日本支援プロジェクト
Search this site
Sponsored Links